組織と活動 / いくの学園の思い

イメージ

前身の婦人保護施設時代も含めて長い歴史のなかで、さまざまな法律(売春防止法・DV防止法など)、社会運動や時代の流れに影響されながらも、いくの学園がずっと大事にしてきたことがあります。それは、「人は人の中で守られる」。つまり、地域が必要とする支援を、その地域の人びとを中心に力を合わせてみんなでかたちにしていくことを目指しています。社会の中の暴力や搾取、人権侵害、具体的にはDVのように家族に押し付けられて社会的に見えなくされている問題に、みんなの力を合わせて立ち向かうことです。



組織と活動 / ミッション

Ikuno Gakuen’s Mission【PDF/English】


いくの学園がめざすもの
暴力や差別のない、誰もが人として尊重され、安心して暮らせる社会を目指します。
そのために、以下をミッションとして活動しています。


1. 人の暮らしの基本である「家」や「親密な関係」において、暴力を受けたり暴力におびえて生活することは、その人の生活や生きることそのものを脅かします。いくの学園は、DV・性暴力・虐待の社会問題に取り組むため、相談支援とシェルターの運営をします。


2. 地域では、暴力から離れた後の生活と心身の回復に必要な支援が充分ではありません。いくの学園は、回復支援の場を提供し、当事者が発言しやすい場づくり、ネットワークや仕組みづくりに取り組みます。


3. 安心して住める家や居場所のない人が、性的な関係や性産業に利用されることがあります。いくの学園は、地域に開かれ、気軽に利用や相談ができ、社会参加につながる機能を持った居場所を作ります。


4. LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)は、性差別を受け、生きづらさを抱えやすい状況にあります。いくの学園は、LGBTが、DV・虐待・性暴力について、安心して相談できる場を提供します。



組織と活動 / 団体概要

名称
特定非営利活動法人 いくの学園
設立
1998年3月
理事長
弁護士 雪田 樹理
副理事長
弁護士 髙坂 明奈
理事
他 8名
監事
藤井 伸生


2017/6 理事長、副理事長交代のお知らせ




組織と活動 / 沿革

1946年~
財団法人婦人成美寮
1951年~
大阪府立婦人保護施設 生野学園(大阪福祉事業財団運営)
1982年~
「大阪府の婦人保護事業を守る会」結成 生野学園現地立替運動へ
1997年~
大阪府婦人保護施設統廃合により生野学園廃止
1998年~
「女のかけこみ寺・生野学園」(民間施設)開設
2001年~
NPO法人(特定非営利活動法人)格取得
2002年~
大阪弁護士会第1回「人権賞」受賞
2003年~
特定非営利活動法人 「いくの学園」に名称変更
2012年~
「憲法表彰」を憲法記念日に大阪府知事より受賞
元大阪府婦人保護施設生野学園の記念碑を跡地(東桃谷幼児の園)に建立 (大阪市社会福祉協議会善意銀行 大阪の社会福祉の歴史保存・伝承助成事業 助成記念碑第1号)

レポート公開「元「生野学園」の記念碑が建立されました」 レポートを読む【PDF】
2016年~
認定NPO法人に認定(4月22日 大阪市指令市民市活第16001号)「居住福祉賞」受賞
イメージ

レポート公開「2016年5月21日いくの学園のシェルターが、日本居住福祉学会『居住福祉賞』を受賞」レポートを読む【PDF】





組織と活動 / 活動内容

相談支援事業 (電話相談・法律相談・カウンセリング)
シェルター(緊急一時保護)事業
ステップハウス(中・長期自立支援)事業
退所者支援事業・生活回復支援事業
広報・啓発事業



組織と活動 / 定款

特定非営利活動法人 いくの学園 定款【PDF】



組織と活動 / 活動計算書

2016年度 活動計算書【PDF】
2015年度 活動計算書【PDF】
2014年度 活動計算書【PDF】
2013年度 活動計算書【PDF】





CONTENTS

ホーム


活動内容


ご支援ください


組織と活動



ホットライン(相談電話)
090-9629-4847
毎週水曜日(祝日休)
12時~17時

DV、ストーカー、虐待、親密な関係でおきている暴力から逃れたい、逃れた後の生活について相談できます。LGBT、過去に虐待経験のある成人の方からの相談も受けています。




会員様限定 機関紙すたあとがホームページでも読めるようになりました!