2017年2月11日いくの学園主催「虐待・DVの傷つきを癒す ~支援者のためのアートワーク」講座をクレオ大阪中央館にて開催しました。

ご案内チラシはこちら

今回は、夕陽ヶ丘基金の助成金で実施させていただきました。講師は女性ライフサイクル研究所 所長 西順子さんをお迎えし、「安全感」を感じるワークでした。DV・虐待等親密な関係での暴力被害は、その人の安全感が失われてしまうことがあります。支援者自身が安全感を感じるアートセラピーを体験することで、支援者自身のセルフケアと共に、その安全感が当事者にも伝わり、支援に生かすことができると実感しました。参加いただいた皆様ありがとうございました。 今後も、支援者にもサバイバーにも助けになるアートセラピーを考えていきたいと思っております。